大相撲OSK杯

昭和54年9月場所優勝力士横綱北の湖に贈呈爾来、大相撲毎本場所の優勝力士へOSK杯を贈呈しています。杯はプラスチック製高杯型で総高110cm、しいたけは高さ60cm、周囲130cmの円筒に満杯にしています。
上部と下部は大分県特産のマタケで茣蓙目[ござめ]に編んだ藤原満喜(杵築市)作の力強い優勝杯です。重量はクイズなどに使うため秘密です。